美容は健康から

美容と健康は繋がっています。健康であることが大切であり、そこから綺麗でありたいと思う美容が生まれると思うのです。なので、イコールで表しても過言ではないでしょう。
20代前半では、ただ痩せたいからカロリーを控えるだの、サプリメントをとるだの外見的なことばかり気にしていました。
ところが、やはり内側が大切だと思うようになったのは、病気をしてからです。体に必要な食事をしたら、肌も綺麗になるし、心も前向きでいられます。
そういった意味で食事と呼吸法が特に大事かと思われます。
食事は、毎晩納豆を食べています。風邪をひきづらくなりましたし、乾燥肌も改善しつつあります。薬味にネギを加えるともっといいです。
他に気にかけてることは、季節にあった食事をとることです。今の暑い季節は、熱が体にこもらないようにナスやキュウリ、トマトなどの夏野菜中心で野菜をとります。体は冷やし過ぎないように飲み物はなるべくコーヒーを避け、ハーブティーなどの温かい飲み物を飲むよう心がけています。
特にローズヒップなどのハーブティーはビタミンが豊富で肌にもいいです。ただ、もともと冷たいアイスコーヒーが好きなのでストレスにならない程度に飲んでいます。
肉を食べていいかは、賛否両論ですが、わたしは赤身のお肉を食べるようにしています。その前には梅干しを食べるといいらしいです。
仕事などでテンパったり、嫌なことがあって興奮状態にあった時、顔つきも良くなくなりますし、体に与える影響もあります。
そんな時は呼吸法をやってることによって、心が少し穏やかでいられます。美容と何が関係あるのって思うのかもしれませんが関係あります。顔つきが良くないと変なところにシワができたりします。
そういった意味でも身体にいいヨガや呼吸法は大切です。

美容は健康から